軟骨成分としての効果

食品からは吸収不可能

グルコサミンという成分は、人体にとって無くてはならない軟骨成分です。関節には必ず軟骨が存在していて、それがクッションの役割を果たすからこそ、快適な日常生活を過ごせています。軟骨が劣化したことでクッション性が失われると、骨と骨の衝撃が直接響いて痛みを生むようになります。それが関節痛を生む原因になるため、軟骨とグルコサミンの関係性は無視できない重要な問題です。
グルコサミンは体内で、軟骨の材料となるコンドロイチンを生成するための素材として活用されます。従来であれば体内でアミノ酸などから自然と生成されているのがグルコサミンですが、その生成能力は加齢とともに低下します。そして、低下したグルコサミンの生成能力が軟骨の負担に追いつかなくなり、軟骨にダメージが蓄積して、最終的に関節痛を生む、という関係性がグルコサミンと軟骨の間には存在しています。
つまり、年をとったらグルコサミンはなるべく外的に摂取することが必要な成分になる、という事実がここからわかります。ですが、グルコサミンは食品からは吸収不可能だという事実が存在しています。そこで、サプリメントによって足りないグルコサミンを直接補給するのが重要になってきます。

効率のよい摂取方法

グルコサミンの元になる食材は、蟹や海老など海産物の甲羅がもっとも有名です。カニの素揚げなどで甲羅を摂取すれば良いと考えるかもしれませんが、残念ながら人間の体内にはこれらの食材からグルコサミンを生成する能力は備わっていません。
甲羅に含有されているキチン質と呼ばれる物質をキチナーゼという酵素で分解するとグルコサミンになりますが、この消化酵素は人間に存在しないのが理由です。そこで、塩酸や酢酸を活用して、キチンからグルコサミンを抽出したサプリメントを使えば効率よく成分を摂取できます。
ほんの数粒のタブレットを生活の合間に服用するだけで、いとも簡単にグルコサミンを摂取できるのがサプリメントの強みです。食材で吸収できない成分は、人間の技術を活用して吸収するほうが圧倒的に良いです。